2016年2月15日月曜日

コロザメの期間展示(アクアワールド大洗)

日本にはカスザメの仲間は2種類います。

いわゆるカスザメ(Squatina japonica)とコロザメ(Squatina nebulosa)です。

アクアワールド茨城県大洗水族館で、バレンタイン企画の一環でカスザメよりもレア度の高い「コロザメ」の展示が始まりました。

http://www.aquaworld-oarai.com/learning/aquaworld-friends/17248

なかなか飼育の難しいサメだそうで、その辺のこともあってか3/14までの「限定展示」とのこと。
で、なんでバレンタインの企画にコロザメが引っ張り出されたか。

このコロザメ、英名を「Clouded Angelshark」と言いまして、その「Angel」の部分に白羽の矢が立ったようです。
エンジェルを仲介役に見立て、キューピッドとみなす趣向ですね。

ちなみにキューピッドは、激しい恋の金の矢と恋を拒む鉛の矢をもつ気紛れな「天使」だそうです。

…「Clouded」はコロザメの雲模様を差しています。色的には…あっ!


ところでいわゆる「カスザメ」も、「Japanese Angelshark」というのですが…。「カス」というネーミングがよろしくないのでしょうか。
どうでもいい話ですが、このコロザメちゃんの生体を私はまだ見たことがございません。標本は沼津のある場所で見ました。

サメに詳しいある方は、カスザメよりも愛嬌のある顔をしていると批評されていました。フーン。
両者の違いは、体がやや赤みがかっていて、胸ビレの外辺の角度が鋭角なのがカスザメ、体にまだら模様があって灰色っぽく、胸ビレの角度が鈍角なのがコロザメだそうです。

台湾にも近縁種の「タイワンコロザメ(Squatina formosa)」がいます。ややこぶりでこの2種より歯の数が多いのが特徴のよう。

近年は新種が見つかり、世界で23種の仲間が知られています。

サメリスト(全種一覧 カスザメ)

大洗水族館では「ブサカワ」と評されています。カスザメ類は愛嬌があってええですなぁ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

ご意見ご感想などご自由に!(公序良俗に反するコメントはNGです)