2015年9月10日木曜日

新種のサメ[Bythaelurus tenuicephalus]が発見される 今期5例目(2015年 Zootaxa)

サメの新種発見は、今年に入ってからは5種めの記録となっています。

 今回見つかったサメ「Bythaelurus tenuicephalus」は、西インド洋の深海に生息するトラザメ科の仲間だそうで、アブストラクトを拾い読みしますと(ド素人判読)同じBythaelurus属に分類される他のサメと比べて、鼻先の形や鼻孔に特徴があるようです。(CARINA JULIA KASCHNER, SIMON WEIGMANN & RALF THIEL)

 掲載誌 国際学術誌「Zootaxa」
http://biotaxa.org/Zootaxa/article/view/zootaxa.4013.1.9

 ちなみに2015年9月現在では、サンゴトラザメの一種、 Bythaelurus属の一種(今回とは別種)、トラザメ属の一種、コモリザメ属の一種が報告されています。

 本家サイトのサメリスト(サメ全種一覧)
  http://www.geocities.jp/haie1976/list.html
  …そろそろ属名にも和名表記を反映させた方がいいのかも。(独り言)

 ちなみに当方はサメ研究者ではありませんので悪しからず。


 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿

ご意見ご感想などご自由に!(公序良俗に反するコメントはNGです)